Skip to content

怖い薬の話

シミ対策に効果のある美肌の化粧品に配合されているものでハイドロキノンというものがありますが、これは結構強めの薬なのです。

シミというのは紫外線が原因でお肌のメラニン色素が消えなくなったものですが、ハイドロキノンというのはこのメラニン色素の働きを抑える薬なんです。

メラニン色素は実は結構大事な役割をしていて、しみになるのはほんの一部ですメラニン色素は紫外線から肌を守ってくれているわけですから、これがハイドロキノンで抑えられたらまずいことだってあるわけです。

だからシミ取り化粧品にハイドロキノンが入っている場合は結構注意が必要になる可能性があります。

メラニン色素の働きが抑えられたら、紫外線からの影響が受けやすくなるので、しみとり化粧品を使ったあとは外に出ないほうがいいかもしれません。

とまぁそんな怖いことを言っていますが、人の肌には合う合わないがあるのが当然なのでシミ消しクリームを買う時もパッチテストをやるのがいいでしょうね。

化粧品でシミ対策