Skip to content

アトピーは免疫力の低下が原因

アトピー性皮膚炎は基本的に免疫力の低下から来ていると考えます。免疫力が低下すると皮膚がいろいろな刺激を受けてかゆくなったり、ひどくなると炎症のようになったりします。アトピー性皮膚炎の大敵は肌がかゆいから掻いてしまうことです。

掻かなければあまり悪化しないのですが、大人でも子供でも痒いとどうしても掻いてしまいます。この皮膚炎に効く薬はありません。よく効く薬は副作用がありますから、避けなければなりれません。 皮膚炎の一番の対策は免疫力を上げることです。免疫力を上げる方法は、体温を上げることです。体温を1度上げると抵抗力はぐんと増します。

アトピーの帽子はもちろん、風邪に強くなりガンなども避けることができるとされます。 体温を上げる薬は漢方薬が効果的です。体質に合わないと効果ないですが、合えば漢方はよく効きます。自分はどんな漢方が合うのか知り、継続して飲み続けると体温が上昇して免疫力が付きます。

アトピー性皮膚炎も完ぺきとは言えませんが、ずいぶん症状を和らげることができます。体温を上げると免疫力が強化されます。 体温を上げることを、各人に合った方法で考えてください。http://goldensequoia.com/