Skip to content

消費者金融と住宅ローン

これから住宅ローンを組みたいと思っている人もいると思いますが、住宅ローンを組む際にも審査はあります。住宅ローンを組みたいと思って準備を進めている人の中には、消費者金融から借入をしているという人もいるのではないでしょうか。

住宅ローンの審査に消費者金融の借り入れというのはかかわってくるのか心配している人も多いと思います。実際のところ住宅ローンを借り入れる会社や銀行などの機関によってその審査の内容というのは違っていますから、場合によっては消費者金融からの借り入れがあっても、住宅ローンを組むことが出来るというところもあるかもしれません。
しかし、多くの住宅ローンを貸し付ける銀行などの金融機関の審査では、消費者金融から借入がある人はなかなか審査に通りにくいと言われています。消費者金融からお金を借り入れている額が本当に少なく1社だけで、これが初めてという場合で滞納なども一切していないということであれば、住宅ローンの審査に関わることはないと思います。ただ、中には数社の消費者金融から借り入れしている場合や、過去に滞納した経験があるという人の場合には、住宅ローンの審査に通ることは難しいと言えます。

消費者金融の情報も、住宅ローンの審査を通すときにはお互いが信用情報機関によってつながっていますから隠すことができないシステムになっています。仮に住宅ローンの申し込みをする際に、消費者金融から借入をしていないと嘘をついたとしても、審査を通す際に信用情報機関に情報が伝わればすぐにばれてしまうのです。ですから消費者金融で借入をしているという人は正直に住宅ローンの申し込みをする際に話した方がいいでしょう。

一番いい方法は、消費者金融からの借入をいったんすべて返済してしまってから住宅ローンを組むということが望ましいと思います。住宅ローンを貸す側としても、消費者金融から多額の借金をしている人に住宅ローンという大きなお金を貸すのは返済能力があるのか不安になってしまいます。ですから、これから住宅ローンを借りるという人は、過去に消費者金融のお金を滞納したり踏み倒していないかなどをよく思い出したうえで清算してから申し込んだ方が審査に通りやすいはずです。
アコムの借金を時効で解決した