Skip to content

離婚が子どもに与える影響

子どものある夫婦が離婚した場合、子どもにも少なからず影響を与えてしまいます。子どもの年齢やそれまでの家庭環境、両親の仲などさまざまな要因がありますが、良きにつけ悪しきにつけ何らかの要素がその後の子どもの成長に関係して来るのは避けがたいものであると言えるでしょう。

たとえば夫のDVがひどく、母子ともに怯えて暮らしていた環境が、両親の離婚によって母子が精神的に落ち着いて暮らせるようになることで、子どもの心は落ち着いて穏やかなものになることが期待できます。

一方で、子どもが父母共に慕っている場合、両親が別れて片親になることは子どもに寂しさや孤独感を与えてしまい、子どもの心を大きく傷つけてしまうことがあります。

夫婦に修復できない亀裂やお互いに嫌悪感を抱いているのなら、離婚もまた新しい人生へ向けたスタート地点になりますが、その場合でも夫婦は我が子にどんな影響を与えてしまうのか…ということを考え、子どものことを考えた離婚を心がけるべきでしょう。

夫婦はもともと他人同士がくっついたものですが、親子は血肉を分けた存在です。たとえ離婚が避けられないものであっても、少なくとも心はいつも子どものことを考えてあげてほしいと思います。

養育費