Skip to content

季節の節目ごとに思う俳句づくり

俳句を作るタイミングは、季節ごとに作る場合。春だと桜の句、夏だとセミ、秋では鈴虫、冬は雪や寒さの句等を作ります。
ほかには、俳句は大会などがいろいろあるので、大会を見つけるとその日までに数句作ることを目標に作業をしています。

それ以外では、ぼーとしているときなど何か作ろうと考えるようにしています。
最近ではテレビで俳句の番組などを見つけ、見るようにしています。
いつか気に入った作品がたくさん作れたら本を出版できたらなと思っています。

時間はかかってしまうが、お金もかからず、書くものとペンを持っていればいいのでいいと思います。ただ街を歩いていて思いついたとき、紙とペンがないと、家に帰るまでに忘れてしまうことが多いのでがっかりすることもよくあります。
個人的な趣味なので、作成時は一人ですが、大会などに発表すると、表に出た感を感じ、やり切った感を得ます。さらに何か賞をいただくと、次も頑張ろうという気持ちにさせられます。