Skip to content

借りた覚えのない返済を迫られています

むかしですが借りた覚えのないお金の返済をせまられていたことがあります。知らないうちに銀行口座に振り込まれていたので気がつかなかったんですが、あれって闇金の手口の一つらしいですね。

闇金業者の相談のちにおいて

闇金業者は如何なる事務所なのでしょうか。

ひとまずかかわりを持ってしまってお金が取れると思われてしまったら騒がしく意地悪などして来るケー。

闇金業者は、不法にオペレーションをしている貸金事務所のことです。

元来貸し金のオペレーションには国々に届出が必要で、利息などもルールの限度内で設定しなければいけません。

しかし闇金業者では届出をせずそしてルールを遵守せずに経営していらっしゃる。

分かりやすく言うと今の日本のルールでは、利子は10万円までの借り入れなら20%以下で100万円までの借り入れなら18%に満載が定められています。

しかし闇金業者ではルールを関係なしに厳しい利息が設定されています。

また、総量ルールという借り上げる人の稼ぎに合う返済できる範囲の収入しか貸してはいけないというルールもあるのですが、闇金業者では稼ぎに関係なく高金利の貸し出しを行います。

なので利用者は返せなくなるぐらいの10前の借金を負わされ、しかもその10前の借金が高金利にてバッチリ膨れ上がって出向くという、俗にいう10前の借金最悪に陥ってしまうことになるのことが多いようです。

闇金業者はかかわりたくないですね。

万が一関わってしまったらどのようにすればいいのでしょうか?

10前の借金の回収も違法でおこなわれます。

家やお勤め企業に意地悪の電話をしたり、利用者の悪口を自宅近辺に吹聴してまわったりなどあります。

唯一闇金業者のメリットは代金を借り易いというところがいえるでしょう。

信用情報cicのブラックリストに載っていて他の銀行や信販会社では代金を借りれないという人類も、闇金業者では厳しい利息を売るために代金を貸します。

それゆえに代金を安易に借りてしまい、出金に迷う人類がいとも多いのです。

闇金業者からの10前の借金を返せなくなった人々の相談を受け付けているHOMEがあります。

例えばお巡りさんやルール会社などが筆頭系統ですね。

闇金業者は完全に違法なので、お巡りさんに相談すれば取締る向きに動いていただけるケー。

住宅周辺も見廻りて貰えるようになったり、嚇しされみたいとしてアッという間に来てくれたりします。

ルール会社に相談すれば弁護士や司法書士事務所が闇金業者との掲載をおこない、法で定められている以上の利子を撤廃にするディスカッションなどしていただける。

そもそも安易に闇金業者に手を出さないようにするのが重要ですが、万が一手を出して困ってしまった例など相談できる頑張れるポジショニングはあるのです。

アッという間に相談して解決したいですね。

迅速な解決にはヤミ金に返済できないときの対処方法とはが役立ちます。