Skip to content

肌を傷つけてしまう間違った毛穴のケアとは

スキンケアで大事なことは洗顔ですが、洗顔や毛穴パックが原因で肌荒れを起こすことがあります。美肌ケアを目指して、毛穴のお手入れや基礎化粧品を使ったケアをしているのに、肌の調子が良くならない人もいます。洗顔をしっかりして、毛穴ケアもこまめにしたほうが、顔を清潔に保つことができて、肌が健康になると考えている人もいます。けれども、肌トラブルを避けて、よりよい洗顔をするには、ただ汚れを落としさえすればいいというものではありません。ゴシゴシこすって洗ったり、長時間洗ったりしていると、汚れだけでなく肌に必要な潤いまで落としてしまうことになり、肌が乾燥します。人間の皮膚は適度な油分がなければ水分を留めておくことができないので、洗いすぎは禁物です。お肌が乾燥しすぎると、油脂の分泌を多くすることで保湿を行なおうとしますが、その際に毛穴の目詰まりや黒ずみが起きやすくなります。角質層と皮脂が毛穴で詰まって角栓ができないようにするには、適切な洗顔が大事です。毛穴のパックもやり過ぎると、肌への負担が大きくなってしまうことがあります。人間の皮膚は、一番外側に角質層という硬く丈夫な層があり、気温の変化や感想から肌をガードしています。毛穴パックは肌表面の角質層を傷つけて、肌の乾燥が進行してしまうので、パック後は肌がカサカサすると感じる方もいるでしょう。汚れを落とし肌を清潔に保つことは肌の健康のために必要なことではありますが、やりすぎて肌を傷めないようにしましょう。利尻ヘアカラートリートメント