Skip to content

美肌を保つための役立つ保湿成分

肌の表層部分は角質層になっており、外界の乾燥や刺激で肌が傷まないようにガードしたり、乾燥しないようにする機能があります。肌の防御機構がきちんと機能していると、肌のコンディションは常によい状態が保たれます。

肌の防御機能が衰えると、紫外線による刺激や、酸化物質による刺激などで肌が傷みやすくなり、保湿力も低下して肌が傷みやすくなります。バリア機能を整えるために重要なことは、肌を乾燥から守ることで、毎日の保湿ケアが重要になります。美しい皮膚でいるためには、肌の乾燥を防ぎ保湿能力をアップすることが重要なポイントです。スキンケア用品にも定番の保湿成分は、ビタミンCや、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など、色々なものがあります。セラミドは、細胞と細胞の間を塞ぐ働きを担っている成分です。細胞間の隙間をなくすことで、水分が蒸発していかないようにします。細胞間の間にセラミドがきっちり入っていれば、肌のバリア機能が正常に作用して皮膚がしっとりします。スキンケア用品に使われているセラミドは、植物性、動物性、疑似セラミドなど色々なものがあります。おすすめはヒト型セラミドで、人の肌に存在しているセラミドと構造が同じで、高い浸透力や保湿力を持っています。もしも、セラミド入りの化粧品を買うのなら、配合成分を確認してどのセラミドなのかをチェックしましょう。保湿ケアを継続的に行えば肌のコンディションを整えることがでるので、ぜひ実際に使用してみてください。
PCCプレミアムエッセンスF