Skip to content

パスポートにみる薄毛の傾向

私が24歳の時に取得したパスポートの照明写真は白黒の時代でした。

その頃の私にはふさふさした髪があり、今とは雲泥の差です。

その次に30歳で取得したパスポートは既に薄毛の傾向がありました。

この時にはカラー写真に変わっていたので、その傾向が明瞭に見えました。

そして40歳で取得したパスポートの写真はAGAと言われて何の不思議も無い状態に変わっていました。

運転免許証と違って返納義務がないパスポートには自分の昔の姿がありのままに残ります。

今思えば、24歳でしていた仕事も厳しかったのですが、それでもその後の仕事に較べればまだ気苦労は軽かった様に思います。

30代が近付くにつれ技術的な苦労や競合他社との競争以外に様々な気苦労が増えました。

そんな中で徐々に薄毛になり始めましたが、若い頃はあまり気にしていませんでした。

それから約10年の間にすっかり薄くなり、一時は完全になくなると友人の間で予想されるまでになりました。

シャンプーを止めて湯だけで洗う様に変えてから徐々に増えて、少しずつ薄毛が目立たなくなっています。

次のパスポートがどうなるか少し楽しみです。

AGA治療には費用がどれくらい必要なのか